2017.10.01 Sunday
ダイニングセット納品前のお客さまチェック

(木のテーブル)(新築)
Please scroll down for English version.

納品前のお客さまチェックがありました。ご注文通りの仕上がりになっているかどうかを確かめていただいてからの納品となります。

▼手前が屋久杉の無垢一枚板にチークの脚、杉コブのベンチ。


▼奥がケヤキの無垢一枚板にケヤキの脚、タモの回転いすです。


ケヤキの方は納品が2月以降ですので、それまでお預かりとなります。お引越し予定の方やリフォーム、リノベーション中の方にご好評のサービスです。

We had a customer come check the furniture completed before they are delivered. We always carry out this check before delivery, to make sure it is exactly how the customers want it.

The front table is made of Yakushima cedar; the bench is made of cedar's burl.

The back table is made with Japanese zelkova, the chair is made with Japanese Manchurian. We will hold this furniture in our storage until the February of next year. We have a free service to hold their furniture in storage for customers who are planning to move or renovate their house.


2017.10.03 Tuesday
桑の三枚はぎ

(木のテーブル)
Please scroll down for English version.

▼伊豆諸島の御蔵島(みくらしま)産の桑3枚ハギです。


お母さまと娘さんお2人でご来店され、娘さんに一目ぼれのように選んでいただきました。

御蔵島は巨木が育つ島だそうです。この桑も桑にしてはずいぶん大きなものだったとのこと。

御蔵島で育った桑を本土の桑と区別して、「本桑」もしくは「島桑」と呼ぶそうです。

以下は仕上げから納品までのようすです。

▼9月18日、磨き直して塗装をしました。

お店に展示してあるのは下塗りまでが終わった状態。工場で表面を磨き(真っ白!)、中塗り、上塗りをします。

▼9月25日、脚がつきました。


桑の板なので、足も桑にしました。洋風のかわいらしい裏側です。

▼9月28日 納品


▼亡くなったご主人が作られた木の灯籠が玄関にありました。


素朴で素敵な灯籠です。木がお好きだったそうです。この日は千葉全域に大雨警報が発令されていましたが、配達の時は曇天でとても助かりました!

The process of shaping a piece of Mulberry tree into furniture!

1, We sanded the surface of the wood slab and applied middle coat and top coat.

2, We attached the legs. They are mulberry legs. Mr. boss found them after hours of looking, to match the table top.

3, We delivered it!

There was a gate lantern in front of the house which was made by the customer's late husband. She said he loved wood very much. It was a lovely wood lantern.


2017.10.05 Thursday
出張修理に行きました。

(木のカウンター)(オーダーメイド家具)(リフォーム/リノベーション)
Please scroll down for English version.

出張修理に行きました。リノベーション中のところお邪魔し、作業させていただきました。持参した道具はグラインダー、2種類のサンダー、仕上げの塗料。

カウンターの角を削り落としてほしいとのご注文でした。

▼グラインダーで削ってます。


▼きれいに丸くなりました。塗装も終了。30分ほどの作業でした。


▼ここは階段を上がったところにある小さな空間で、もとは洗面台があったそうです。水栓が通っているので、カウンターの上に陶器の洗面器を置いて手洗い台にするそうです。すてきな空間になりそうです。


木楽・木工房ではアフターケアも充実。ご要望に合わせて出張修理いたします。

We went to fix a board we delivered last week. The customer wanted to sand down the corner and make it round. We brought a grinder, 2 kinds of sanders, and coating material to fix it there.

We have an after-sales care service for our customers. Please contact us for further details.


2017.10.06 Friday
HP「作品コレクション」を充実

(木楽木工房のホームページ)

ホームページの「作品コレクション」をスマホ対応にしました。品目も10品ほど加わりました。

ここには納品した家具を掲載させていただいています。どれも個性的な家具ばかり。木の良さを生かした家具たちです。

▼パソコンだったらこんなかんじで表示されます。


▼スマホなどモバイルでしたらこんなかんじ。

長っ!

これからも、どんどん充実していく予定ですので、時々、のぞきに来てください。よろしくお願いします。m(_ _)m


2017.10.08 Sunday
今日は木の日!

(木の日)
Please scroll down for English version.

今日は木の日。十と八を合わせて木となるため、この日が選ばれたそうです。

木楽・木工房では秋のセール中のその中でもさらに特別な1日となりました。ご来店いただいた皆さま、ありがとうございました。

木と言えば、先日、筑波山、白雲橋コースを登山した際、立派な杉に会いました。



うわあ、大きい!と見上げました。

そして、こちらは社長の奥さんが去年、行かれたもみじ祭り(埼玉県飯能市東郷公園)の写真▼


清んだ空気に真っ赤な紅葉がとても美しいです。ご実家が公園のすぐそばなので、毎年のように行かれるそうです。

今年のもみじ祭りは11月25日(土)、26日(日)です。

木っていいですね♪





Today, the 8th of October is called Wood Day. It is because the combination of the Japanese kanji for 10, "十" and the kanji for 8, "八" makes "木" which is the kanji for wood!

 Wood Day was established in 1977 to reevaluate wooden material and architecture.

This day is very special to Kiraku wood workshop, as it had a special discount day today. Thank you for all who visited our shop today!

Speaking of trees.......

A giant tree in Tsukuba-san, a mountain in Ibaraki-ken.

Autumn leaves at a Momiji Festival in Saitama-ken, last year.


2017.10.10 Tuesday
美しいケヤキ無垢一枚板の座卓

(木のテーブル)
Please scroll down for English version.



 ケヤキの座卓を納品しました。これまでのダイニングテーブルセットから座卓への変更です。もともと広いリビングがさらに広くなったように見えました。

 ご主人はかつて熊本営林署にお勤めだったそうです。いろいろと木についてお詳しく、今でも木が大好きだそうです。


▲美しいケヤキの杢目です。

We made a delivery of a Japanese zelkova low table. The customer changed it from a dining table set to a low table. The living room seems to have become more spacious, without the chairs.

This customer used to work for Kumamoto field office and he knows a lot about wood. He said he still likes wood very much.

Please see the beautiful zelkova wood grain.


2017.10.12 Thursday
神代欅

(木楽木工房の材木)
Please scroll down for English version.

倉庫の掃除をしました。いろんな木が出てきました。フォークリフトと天井クレーンで運んでいるのは大欅▼




▼倉庫の中から神代欅(じんだいけやき)も出てきました。




神代木とは火山灰や土砂崩れで埋まり、何千年も経ってから掘り起こされた木のこと。いわゆる「埋もり木」です。欅のほかに、神代杉、神代栗、神代楢などがあるそうです。長年、土中に埋まっていたため水分率が高く、乾燥中に反りや狂いが出やすいそうです。この神代欅もかなり反っています。

飴色に変色した神代欅、将来は何に加工されるのでしょうか。やっぱりテーブルでしょうか。

We have been cleaning the storage building for a few weeks now. A lot of interesting forgotten wood came out.

The big slab of wood that is hanging from the crane is Japanese zelkova.

There were Jindai Zelkova, too at the corner of the building. They had been buried in the underground for thousands of years, when they were caught up in landslides or volcanic eruptions. The color of the wood has matured into a rich, deep brown. "Jindai" means an age of gods. It is a precious wood. I saw it for the first time in this storage house.


2017.10.14 Saturday
屋久杉ダイニングテーブル、無垢一枚板

(木のテーブル)
Please scroll down for English version.

屋久杉2枚を仕上げました。

▲こちらは2000年を超えるであろう屋久杉。杢目がとても細かいです。

▲木端(こば)を磨いています。磨きすぎず自然の風合いを残しながら仕上げます。

▼こちらは1000年を超えるであろう屋久杉。すっきりと美しい杢目です。


▼穴はきれいに透明の樹脂で埋めてあります。こちらも自然の風合いをそのままに残すための技術です。


どちらも塗料塗りたてを屋外で撮影しているので、多少ギラついていますが、これがまたきれいです。最終的にはもう少し落ち着いたかんじに仕上がります。

Finishing touches on 2 Yakushima cedar slabs


▲This is a Yakushima cedar piece from an approximately 2000 year old tree. It has a very fine grain.

▼When we finish the bark side, we are very careful not to sand too much because we want to leave the natural texture.


▼This one is estimated to be more than 1000 years old.A clear, beautiful grain.


▼If it has a hole, we fill it with transparent resin. It is another technique to leave as much natural texture as possilble.



2017.10.16 Monday
カリン無垢一枚板の仕上げ

(木のテーブル)
Please scroll down for English version.

▼お店に展示してあったもの


▼仕上がり(表)です。色も艶もある美しい無垢一枚板。


▼裏もきれいです。


Finishing touches on Narra slab. We sanded down the shiny base coat and put on a more natural looking one. It accentuates the beauty of the wood.

▼Narra slab with basic coat.


▼Finished slab with natural texture coat. It's very gorgeous.


▼The backside is beautiful, too.



2017.10.20 Friday
杉のダイニングセット

(木のテーブル)(新築)
Please scroll down for English version.



ご新居に上杢杉のテーブル板を納品しました。美しい杢目が一面に広がる美しい一枚(3枚ハギ)です。

片方に杉のベンチ、もう片方にタモの回転いすを配置しました。脚はナラ材のマットブラック仕上げ。

リビングの内装とダイニングセットがとてもよく合っていました。リビングの壁は白が基調ですが、一面だけが濃いブラウン。

そのブラウンの壁とテーブルの黒脚が響きあって、きりりと引き締まった印象に。リビングがより広々と感じられました。


▲ブラウンの壁にテレビが置かれているのもすてきでした。テレビがついていないときはひっそりと壁に同化し、つけたときには画面がより鮮明に浮かび上がるしかけです。

壁のアイデアは石材店(マルカツ、茨城県つくば市)を経営されるご主人によるものだそうです。ご主人にエクステリアに使われている石材もいろいろと見せていただきました。


▲玄関前のインド石のポスト。郵便物が雨に濡れる心配はまずなさそうです。玄関の床は中国石。焼いて質感を出すのだそうです。


▲石の椅子と机もありました。こちらは真壁石だそうです。こちらも雨が降ってもすぐに使える屋外にぴったりのエクステリア。お嬢さんがちょこんと座ってモデルになってくれました。

=======================================

We made a delivery of a dining table set to a family in Tukuba-shi, Ibaraki-ken. The table top and bench were made from a beautiful Japanese cedar slab. The two chairs are made from Japanese ash.



The customer is an owner of a stone shop. He showed us some stone exterior furniture which he had made himself.

▲India stone mail post. No need to worry about the mail getting wet with rain! The floor of the genkan (entrance) is made of Chinese stone.


▲Makabe stone table set. It isn't affected by rain, too. It's perfect as outside furniture. The pretty model sitting at the stone table is his daughter.


2017.10.22 Sunday
ヒマラヤ杉無垢一枚板とケヤキ無垢板のベンチ

(木のテーブル)
Please scroll down for English version.

ヒマラヤ杉の無垢一枚板、キリ(桐)の脚、ケヤキの椅子のセットをお届けしました。ミシンを置く作業台にされるそうです。

まもなく退職を迎えるお客さま、自分の時間が持てたらここで好きなことをして過ごしたい!とこの組み合わせを選んで購入されました。



脚の外側にミシンを収納し、脚の上部に板を置き小物を入れるスペースにする予定だそうです。

▼たぶんこんなかんじです。


木の美しい風合いだけでなく、機能性も供えたすてきな作業台になりそう。

▼脚の向きを変えると座卓に変身。


▼脚はこのような置き方になっています。脚の幅は自由に変えられます。


=======================================

We made a delivery of a table set. It's a combination of Himalayan cedar slab, Paulownia legs and a Zelkova chair. The customer will use it for her sewing machine.

She is planning to start sewing after her retirement which will come in a few years. She seemed to be very excited with her plan.



▼The leg will probably look like this.

It looks very functional!

▼It can be a low table with the same legs.


▼The legs are formed like this.



2017.10.24 Tuesday
ケヤキの無垢一枚板ダイニングテーブルとステンドグラス

(木のテーブル)
Please scroll down for English version.

ケヤキの無垢一枚板を配達しました。大きく伸びやかな木目を持つ美しい一枚です。脚はスチールを選ばれました。


ご自宅には奥さまが作られるステンドグラスがあちこちに置かれ、暖かな光が灯されていました。スチールの脚はステンドグラスの枠とよく合った質感。スチール脚を選ばれた理由が分かりました。

赤身を帯びたケヤキと床材の桜も色味がぴったり。統一感のある内装はご主人と少しずつ手を加えて作り上げられたものだそうです。

▼棚と脚ふみミシンの台に置かれた電気スタンド。木とステンドグラスはよく合いますね。




▼玄関です。物置の台、ランプ、鏡に映る壁、すべてのステントグラスが配されています。


▼ご自宅は高台に。この風景が気に入ってご自宅の購入を即決されたそうです。窓辺のウエルカムボードももちろんステンドグラス。


We made a delivery of a Japanese zelkova table top with steel legs. The owner loves stained glass and there were a lot of stained glass works in her house. The steel legs complimented the stained glass frames very well, and the zelkova table top looked very good against the sakura floor and stained glasses. Everything in the house from the walls to the furniture were complimentary of each other, and were tastefully arranged.


2017.10.26 Thursday
栃、無垢一枚板の座卓

(木のテーブル)
Please scroll down for English version.

栃の一枚板を納品しました。9.5cmの厚みを持つ一枚板。ほんのり光るようなうつくしい白い無垢板です。


▼座卓の高さで土間のリビングに設置されました。天井が高く、玄関や襖を開けると中庭が見える開放感のある空間。脚は向きを変えてダイニングテーブルの高さにもなります。


▼壁にはご親戚の方が撮影された近くの霞ヶ浦の写真も飾られ小さな美術館のようでした。


========================================

We made a delivery of Japanese horse chestnut table top. Its a wood slab of 9.5cm thickness. The surface seems to give off a white glow.


The room is renovated from ”doma”. Its celling is high and has a large door facing a garden surrounded by 3 walls of the house. It was a very spacious room.


There were pictures of Kasumigaura lake which was taken by their relative which make the room like a little art gallery.



2017.10.31 Tuesday
都幾川杉、無垢一枚板のダイニングテーブル

(木のテーブル)
Please scroll down for English version.



長さ262cmの都幾川(ときがわ)杉です。

川の流れのような美しい模様。思わず、方丈記の冒頭を思い出しました。

ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。
淀みに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。

「方丈記無垢板」です。私が勝手に命名しました!



A beautiful wood slab of Tokigawa cedar.
It reminds me of the beginning of "Hojoki" because the lines in the wood looks like a river!