2017.11.02 Thursday
吾野(あがの)原木センター

(原木の買い付け)
Please scroll down for English version.

大山社長が吾野原木センターに行ってきました!

▼原木センターに集まった木々です。


吾野原木センターは社長の奥さんのお兄さん(▼写真の方)が経営されています。人の背丈ほどの太い幹と。


▼こちらはその枝の部分。5トンもあるそうです。こんな枝を支えて、木は立っているのですね。


Mr. Boss went to Agano lumber center which his wife's brother runs. He sent me some photos, including one of a tree with a trunk as thick as the height of the average person. A branch of the tree weighed 5 tons. Imagine supporting all that weight!


2017.11.03 Friday
今日のお店

(木のテーブル)
Please scroll down for English version.

今日は文化の日。気持ちよく晴れて、お店の中もとても爽やかでした。なんといってもお店にはほぼ屋根しかありませんから、外気の影響をもろに受けるのです(笑)

▼本日のお店番の社長のお母さんです。手前は薪ストーブ。今日は暖かいのでつけませんが、寒い日には火が入ります。薪には決して困りません。材木屋さんですから。


今日は穏やかな自然光で、木がより美しく見えました。

 Today's Kiraku Wood Workshop. The wood in the shop looked more beautiful than usual with the nice sun light.

















2017.11.06 Monday
栃、無垢一枚板のダイニングテーブル納品

(木のテーブル)
Please scroll down for English version.



栃の無垢一枚板を納品しました。長さ205cm、幅85〜90cm、厚み9.5cmです。

植林ではなく、原生林で育った樹齢300年の栃。美しい白色の一枚です。

配達したお宅のモノトーンの内装、ウォールナットの床材ととてもよく合っています。

すっきりと清潔感のあるダイニングキッチン。脚は楢材、マットブラック仕上げです。

We made a delivery of a table top of Japanese horse chestnut slab and oak legs. The table top size is 205cm long, 85-90cm wide, 9.5cm thick.

This tree was from a wild forest; it was not planted by human beings. It is more than 300 years old.

The table fits well into the monotone interior and walnut floor.


2017.11.08 Wednesday
今日は材木の積み込み!

(木楽木工房の材木)
Please scroll down for English version.



今日は大型トレーラーに材木を積みました。

運転手さんの荷積みの技術がすばらしくて、社長が大感激していました!

We loaded lumber onto a large truck today. Mr. Boss was deeply impressed by the driver's skill of loading the lumber!



2017.11.10 Friday
都幾川杉の納品

(木のテーブル)
Please scroll down for English version.


▲260pの大きな都幾川杉の一枚板を配達しました。

小さな男の子、女の子、それから赤ちゃんのいるおうちです。
これから3人きょうだいはこの机でご飯を食べたり、勉強したりしながら育つんですね。いいなあ!

We delivered the Tokigawa cedar table top to a family with 3 little kids(One newborn). They looked so happy with the arrival of the new table!


2017.11.13 Monday
飾り板

(木の台)

お店ではこんな板も売ってます。

とくに杢目の美しい小さな板たち。小さな花を飾ったり、置きものを置いたりするのにぴったりです。

幅約50p。5000〜10,000円です。

お店は金、土、日の10:00-18:30に開店しています。








2017.11.15 Wednesday
踊るような板、ケヤキ無垢一枚板のダイニングテーブル

(木のテーブル)
Please scroll down for English version.

欅の無垢一枚板を納品しました。
▼踊るような形をした個性的な一枚です。


▼自らの重みで作られたしわの部分。その内側はとくに複雑な美しい模様となります。自然が作り出したダイナミックなアートです。


▼表面にあるうろの部分は、その形を楽しんでいただけるよう透明の樹脂で埋めてあります。見る角度によっていろいろな表情を見せてくれます。




We delivered a Japanese Zelkova table top today. It is a unique piece, and almost seems like it is dancing.

Zelkova is a very heavy wood and its weight makes wrinkles on the surface of the wood and beautiful patterns inside.

We fill the hollow parts with a resin to make the surface flat. Since the resin is transparent, the shape of the hole in the tree can be seen and enjoyed. It is like nature's art.


2017.11.17 Friday
今日のお店

(木のテーブル)
Please scroll down for English version.

本日のお店です。お店は毎週金、土、日、祝日にオープンしています。営業時間は10:00〜18:00。

今の季節、お店では薪ストーブを使っています。
▼屋根の隙間から降ってくるモミと薄い板を使って火をおこし、




▼たっぷりある材木の切れ端を使って暖を取ります。とてもあったかい♪


▼こちらは朝日を浴びて、本日、いちばん美しく見えた板。

プラタナスです。さざ波のような美しい杢目。

▼このアングルは撮ったことがなかった気がします。ドミノのように並んでいるのはサービス品のまな板です。


We use a wood stove because we have a lot of wood! It's very warm.
The one wooden slab is Platanus. It looked very beautiful in the store today.


2017.11.19 Sunday
屋久杉、無垢一枚板のダイニングテーブル

Please scroll down for English version.

屋久杉の無垢一枚板を納品しました。

お客様が脚をナチュラルカラーにするか、マットブラックにするか最後まで悩まれたので、配達の際、両方をご自宅まで持って行き、お部屋の雰囲気に合わせて選んでいただくことに。何度か合わせ直してマットブラックをお選びいただきました。

▼ナチュラルカラーの脚


▼マットブラックの脚


脚の色ひとつでお部屋の雰囲気はがらりと変わります。木楽木工房は慎重なご選択を全力でお手伝いしています。

▼3点脚を横向きにして座卓仕様もご披露しました。


We delivered a Yakushima cedar table.

The customer couldn't decide whether the color of the legs should be Natural Color, or Matte Black. So we brought both of them to their house and let them figure out which one would match the living room better. In the end, they decided on Matte Black. Even a simple difference such as the color of the legs will change the impression of the room completely.

We’ll be more than happy to support you to make the best decision possible.


2017.11.21 Tuesday
ホームページに在庫一覧を掲載

(木楽木工房のホームページ)

木楽木工房ホームーページにお店の在庫一覧を加えました!

お店にある一枚板のサイズ、価格、樹種の情報を載せています。

▼この写真が目印。「豊富な在庫」コーナーです。


在庫一覧といっても110枚ほど。お店にある約1/3です。 お店には板が2重、3重に重ねてあり、番号がついてない板もあるためすべては把握しにくいのです。 ぜひ、ご来店になってすべての無垢板をご覧になってください。


2017.11.23 Thursday
総ヒノキの鳥小屋制作1

(木の鳥小屋)(オーダーメイド家具)
Please scroll down for English version.

▼これから、総ヒノキで作るフクロウとチョウゲンボウの鳥小屋の制作にかかります! 制作風景をお届けします。


▼箱の外側の部分が完成しました。


▼ご注文主がかわいいフク口ウくんをつれて素材や大きさとの相性を下見に来て下さいました! 壁によりそうフクロウくん。気に入ってくれたみたいです。ヒノキのいい匂いもしたかしら。


We got an order of a bird house for an owl and a kestrel. When we finished making the outer form, the customer brought her owl with her to check out the compatibility of the material and size. He seemed to like the bird house very much. The aroma of the Cypress is a nice touch.
2017.11.24 Friday
総ヒノキの鳥小屋制作2

(木の鳥小屋)(オーダーメイド家具)
Please scroll down for English version.

フクロウとチョウゲンボウの鳥小屋制作風景の続きです。扉がつきました! 格子の扉です。

▼鳥の大きさに合わせた2種類の大きさの格子。ここはとても手間がかかっています。


▼天板と側面の美しい杢目。


▼裏側も。


鳥くんたちのために鳥小屋の内側は塗料を塗らないことにしました。塗料が内側に入り込まないよう、マスキングテープでしっかりふさいで、外側の塗料をぬっているところです▼




鳥くんたち、気に入ってくれるかな〜♪

We put doors on the bird house. The large grid is for the owl, and the small one is for the kestrel. This part was rather difficult. We decided on not painting varnish inside of the house, so that the birds won't feel uncomfortable. We stuck masking tape inside the door in order to not get the paint inside and proceeded on painting the outside of the cage . We hope they like it!


2017.11.26 Sunday
タモの無垢板のご注文

(木の台)(オーダーメイド家具)
Please scroll down for English version.

ご自分でカップボードを作られるお客さまのために、棚板を作りました。ご希望の寸法に切り、磨いて、塗装を行ないました。

使用したのはタモの板。パステルホワイトのきれいな板です。丈夫で長持ち、木目もきれいなのがこの木の特徴です。

▼まずは研磨


▼それから塗装。左端が塗装が済みです。


▼きれいな木目。


すてきなカップボードができるといいな。カップボードを作るときは、背面に鏡を貼ると奥行きが出るそうです(社長によると)。

We got an order of wood plates to make a cupboard with. We chose manchurian ash because it is strong and a good keeping quality with a beautiful color and grain. We cut them to the ordered size, sanded and put varnish on it. We hope they like it.


2017.11.28 Tuesday
職人さんが作った総檜のベンチ

(木のベンチ)
Please scroll down for English version.

職人さんに檜のベンチを3つ作ってもらいました。
シンプルなかたちのきれいなベンチです。
和風の部屋にも洋風の部屋にも合いそう♪

仕上げは木楽の工場でおこないました。
▼磨いて、


▼仕上げの塗装。この瞬間がたまりません。ぐっと完成度が高まります。奥が塗装済み、手前が塗装待ち。


We had a wood crafter build 3 cypress benches for us. The shape of the bench is simple and beautiful. It would go well with both Western and Japanese styles. The final touch was done at our workshop, Kiraku. Polishing, and applying the varnish. This part is the best, because it brings the whole piece together. The one in the back is varnished and the one in the front isn't.
2017.11.30 Thursday
新入荷! 屋久杉、無垢一枚板のダイニングテーブル

(木のテーブル)
Please scroll down for English version.

▼こちらの屋久杉の板がお店のラインナップに加わります。長い年月を生きてきた屋久杉ならではの風格ある一枚。堂々たる姿です。


穴はきれいに透明樹脂で埋めてあります。

▼こんなふうに(黒く変色した部分ではありません。穴だった箇所です)。


完全なる水平です。 この加工のいいところは、

1、穴のままだとほこりがたまるのでそれが防げる
2、透明なので凹面のかたちががそのままに楽しめる

です♪

つまり、自然の風合いをそのままに楽しめる加工というわけです。

穴の加工があるので、通常の屋久杉よりかなりお安い値段設定となります。今の段階でいくらなのか私には分かりませんが、お店では値段がついているはず。ご興味ある方はぜひお店までどうぞ。お待ちしております。

お店は金、土、日、祝開店です!

New line up of Yakushima cedar slab.Very beautiful.

The surface hole was filled with transparent resin. The table is completely flat as can be seen with the minions standing upright:P(It's not a black spot.)